食べる事、スポーツの事、京都の事、感じた事…なんでも書いちゃいます !!


by sunsyoku

初めての写経

高槻CSCの管理栄養士、長澤です。

お盆に実家に帰り、初めて写経をしました。
平成21年は我が家の菩提寺の本山である妙心寺(京都市右京区花園)のご開山(初代住職)さまの650回忌にあたる年だそうです。この50年毎に行われる大法要のことを"遠諱(おんき)"というそうです。
b0151335_9222854.jpg
今回は、ご遠諱に協賛しての特別報恩写経に家族で納経させていただきました。

*開山無相大師さまのお言葉
*延命十句観音経
*般若心経

の3種類がありました。

写経というのは、見本をみて書くものだと思っていましたが、薄く書かれた経文を写すのだと初めて知りました。
筆を持つのは久しぶりで、はじめは手が震えて思うように動きませんでした。
なぞるのも簡単ではありません。雑念が入ると、すぐさま文字に表れてしまいます。。。
所要時間2時間ほど。
b0151335_929596.jpgb0151335_930728.jpgb0151335_9301531.jpg


いつもはルビを追いかけるだけで必死な般若心経も、書くことでじっくり見ることができました。正座は辛いですが、すごく達成感がありました!!

写経にはこんな効果があるようです。

1.自然の治癒力が向上する
2.指先を使うことで、脳を活性化させることができる
3.心が清浄になる。
4.姿勢がよくなり、心と体が落ち着いてくる。
5.集中力がついてくる。
6.忍耐力がついてくる。
7.字が上手になる。

どれも納得です!
心を落ち着かせて行う点など、ヨガと通ずるところがあるような気がしました。
上手く書くことが大事なのではなくて、やってみることが大事だな~と感じます。
ご先祖さまへの感謝の気持ちを強く感じられる、充実したお盆のひと時になりました。
by sunsyoku | 2009-08-16 09:00 | カルチャー