食べる事、スポーツの事、京都の事、感じた事…なんでも書いちゃいます !!


by sunsyoku

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

津の国スポーツ寮担当、西川恵子です、
b0151335_14591133.jpgb0151335_14592093.jpg
京都商工会議所 食品・名産部会 交流会 第2回「食のつどい」にサン食品8名で参加してきました。
京都の伝統食材の新たな可能性を見つける試みとして、去年のお漬物とフレンチに続く第二弾として、今回は「お茶とフレンチの融合」です。

緑茶を練り込んだミートテリーヌ 抹茶塩添え
b0151335_15525474.jpg
緑茶の風味がほんのりしてやさしい味です、ほうじ茶のゼリーが添えてあり テリーヌといっしょにいただくと美味しいです。
抹茶塩も普段天ぷらやさんで出る粉末状のものとは違って、岩塩状になっており、お茶の味を強く感じることができました。

京地鶏の碾茶蒸し その香りのロワイヤル スープ仕立て
b0151335_1554778.jpg
あっさりとしたスープに仕上がっていました。
碾茶(抹茶を作る段階で、軸などを取って粉にする前の段階)のおかげで苦みだけでなくお茶本来の甘みが添えらえ、最後まであっさりといただけました。

ほうじ茶で軽く燻製にかけたイトヨリ鯛のソテー
  抹茶入りバターソース碾茶入りお焼とともに

b0151335_15555038.jpg
しつこくなりがちなバターソースも抹茶によって爽やかな風味が加わっていました。   
イトヨリだけだとアッサリしすぎた感じですが、リゾットのようなお焼と共に頂くと深みがあって美味しかったです。

          特選牛フィレ肉のロテイ 煎茶の香りの冬野菜添え
             赤ワインソース 緑茶のテュイルをアクセントに

b0151335_1613019.jpg
柔らかいお肉に赤ワインソース、緑茶がかかっていましたが、牛フィレと赤ワインという強い食材と、お茶の中でも繊細な煎茶という組合わせだったのであまりお茶を感じられなかったように思います。

            ほうじ茶のブランマンジェ、抹茶アイスクリーム添え 
b0151335_16145288.jpg
きれいにお皿に飾られたデザートは 食べるのが惜しくなるぐらいにきれいにしてありました。
ほうじ茶の味がここでは主張していて甘すぎず私の好きな味でした。

                       抹茶デミタス
b0151335_16162950.jpg
お薄とお濃茶の間くらいの濃度で、砂糖をたっぷり入れたり、牛乳で割って抹茶オーレにしても美味しいだろうなと思います。


ほのかなお茶の香りのパン2種
b0151335_1618415.jpg
ハードタイプの方がお茶の味を強く感じたように思いますが、食べる時にしっかり噛むからかもしれません。


今回、お茶に対しての考えが変わりました。
和のお茶を無理やりではなく、自然に洋の料理に組み込まれたことは素晴らしいと思いました、そして、ほんのり風味を出しているお茶 きれいな色で存在感を出しているお茶はほんとに素晴らしいです。

b0151335_16192939.jpg
最後に抽選会がありました。
特賞は今朝京都中央市場に上がった一番大きな鯛、重さはなんと10kg!
「食のつどいということで、皆さん専門の方ばかりですから、捌きません、料理人も付けません、そのまま持って帰ってください」という平井会長の言葉で会場は一気に盛り上がりました。

サン食品のメンバーには自転車とトースター、タイマーが当たりました!
by sunsyoku | 2010-02-23 18:00 | カルチャー

IKEAにイケヤ

社長の冨田です、
b0151335_15344068.jpg神戸バレンタインデーマラソン参加のためポートアイランドへ、
帰りに、一度は訪れてみたかったIKEA(イケア)に行ってきました。
神戸ポートアイランド博覧会(ポートピア81)神戸ポートピアランド(2006年閉園)跡地に建てられています。


ですから中へ入ると広いこと広いこと、家具や雑貨のレイアウトとかがオシャレでなんとなく楽しくなってきます、スカンジナビア・モダン・カントリーの3スタイルのイケアのテキスタイルで北欧って響きが聞こえてきます。
小物など299円やら499円などと数字のマジックに騙され、何も買わないのは難しそうです。

b0151335_1537045.jpg
2階がショールームになっており、実物のベッドやイスなどが並べられ、実際に使用して、そこで気に入ったのがあれば番号をメモします、(記入用紙、筆記具、紙製のメジャーも用意されています)
1階に戻りそのメモを見ながら、天井まで届きそうな商品の山積みの中からピックアップします。

またIKEA(イケア)は本来、お客様が自ら持ち帰り、組み立てることを前提とした販売を行っていることもあり、(だから価格が安いんだそうです)
配送や組み立て等のサービスには別に費用がかかります、(京都市内で4,900円)
小さな荷物は20kgまで全国1,000円です、梱包、伝票記入、等は自分で行います、
何もかもセルフで合理的です。
b0151335_15385332.jpg
布地の販売方法もセルフ、自分で大きな布地の束をテーブルに持ってきて採寸、カット、重さを量り、カタログから商品にバーコードをかざすと商品価格のレシートが出てきます、それを商品に貼ってレジへ行きます。

b0151335_1540398.jpg
包装紙、紙袋、レジ袋も何もなく、お持ち帰り用のイケア袋は有料(99円)で販売されて、古新聞紙とテープ、紐と手提げが置いてあります。

b0151335_1541445.jpg
また返品もレシートがあれば90日間OKで、専用コーナーがあります。
(気が変わっても大丈夫!←キャッチです)

b0151335_1540332.jpg
買い物で、お腹がすいたり、疲れたら・・・・
レストラン、ビストロ(軽食)もあり、50円ソフトクリーム!量は少なめでも結構価格で満足、
100円ホットドッグもマスタード、ケチャップはもちろん
ピクルスもタマネギのフライもトッピングし放題でした。


お客様は若いカップル、小さな子供を連れた家族連れなどが多く、年輩の方はあまりお見受けしませんでした、新居やお家のリフォームなど目的があれば実際に手に取ることができるので便利ですし、見ているだけでも結構楽しいです。

本場を見られた田中浩子顧問栄養士によるとスウェーデンのIKEA(イケア)とスタイルは変わらないとか、H&Mなどスウェーデンの企業が元気です。
by sunsyoku | 2010-02-14 14:00 | あちこち見学
京都産業大学 賀茂川スポーツ寮担当 管理栄養士上田克己です、
b0151335_1530973.jpg

サン食品顧問管理栄養士の小椋真理さんが、相愛大学のスポーツ栄養シンポジウムで、基調講演をされましたので、拝聴してきました。
b0151335_15305450.jpg

「スポーツ栄養のビジネスフィールドを開拓する」と題した約1時間半の講演です。
聴講者の多くは同大学の在校生でしたが、将来スポーツ栄養に携わりたい他大学の学生も多く来られています。

相愛大学は大阪南港に、約30年前に開校され、音楽学部、人文学部、人間発達学部からなるユニークな大学です。
人間発達学部発達栄養学科は、管理栄養士・栄養教諭を目指すところで、今回、こちらの中村先生の企画によりこのセミナーがもたれました。
小椋真理さんが自ら開拓してきた経験談に、
学生はもとより列席された先生方からも大変な興味を示され、
スポーツ栄養の必須=「美味しい料理を提供するためには、調理力と献立作成が大事」
というところなど、先生方から「本当によく言っていただけました」と小椋真理さんへお礼を述べられていました。

b0151335_15481361.jpg基調講演の後、シンポジウムではスポーツ栄養に関係する3名の先生方から発表があり、アスリートへの携わりを強くもたれるなかで、熱心なお話が聞くことができました。
アスリートにとって食事に対する意識のもちようが、競技力にも大きく影響していること、栄養サポートの重要性をあらためて実感をいたしました。

b0151335_15351412.jpgb0151335_15352278.jpg

さらに茶話会が準備され、先生方や学生さんたちと親しく懇談することができ、
中にはスポーツ栄養に興味があり、サン食品に就職したいという学生さんもおられ、サン食品の強み、良いところをアピールしてまいりました。
「スポーツ栄養」が脚光を浴びつつあることをあらためて実感し、責任の重さを痛感した一日でした。
by sunsyoku | 2010-02-08 15:25 | カルチャー

川島奈緒美の台湾料理

大丸社員食堂アップル 栄養士川島奈緒美です。
女優の「川島なおみさん」と同じ名前です、
聞き直されたり、電話の奥で苦笑されたりします、でも直ぐに名前を覚えてもらえてラッキーかも、みなさんも「サン食の川島奈緒美」覚えたでしょう。
b0151335_1755993.jpg
京都の台湾料理を食べてきました。
知る人ぞ知る穴場的台湾料理のお店、
「台湾的ダイニング・陶々楼」
小姐(シャオジェー)の日本語75%程度で、
厨房内も台湾の方のようで本場に近い味が楽しめるお店です。


ママさん(小姐)のお任せでお願いしました。
b0151335_17563453.jpgb0151335_1756476.jpg
     最初に前菜               セロリの炒め物
中華にありがちな濃い味付けとは明らかに違います、彩りも完ぺきでニンニクの香りと塩加減が大当たりです。
b0151335_1759188.jpg

キャベツの炒め物、
すすめられるままに出てきました、
キャベツだけなのにかなり美味しいです。
b0151335_1815572.jpg

豆鼓と牡蠣の炒め。牡蠣は片栗をまぶしてあって、
ぷるぷるの食感、
こちらは味付けが濃いめです。

b0151335_185625.jpg
酸菜と春雨肉和え煮込、
醗酵させた白菜は、独特の臭いを発していて、キムチの様な違うような。
食べるとその酸味を感じるけれど、薄味じゃないのにさっぱりしている。
b0151335_1855545.jpg
トマトと玉子の台湾拉麺、
すごく薄味、トマトと玉子の色どりが食欲をそそります。
辛いだけの名古屋の台湾ラーメンとは別物です。
b0151335_1864832.jpg

里芋と豚の角煮、
角煮はトロトロで柔らかいく里芋とぴったりの相性です、
残りのあんに、ふかふか揚げパンに付けると絶品です。


その他定番、麻婆豆腐、酢豚、海鮮粥、ビーフン、台湾のパンなどいっぱいいただきました。
そして最後は胡麻団子。 あぁ~大満足~~。

メニューの中には、「すっぱい辛いスープ」「色々な食材入りスープ」「酸っぱい甘い魚炒め」など、これって台湾語の直訳でしょうか、でもなんとなく感じはわかりますよね。(アップルでも参考にしましょう?)

ママさん(小姐)の料理のお勧めと程よい会話のサービスに満足、
家族経営っぽい雰囲気もグーです、気さくに家族と来れるところですね。
by sunsyoku | 2010-02-01 18:00 | 美味しいとこ