食べる事、スポーツの事、京都の事、感じた事…なんでも書いちゃいます !!


by sunsyoku

<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アイスランド留学生

津ノ国寮担当の駒井です。
12月から京都産業大学在学の留学生で
アイスランド人のソールンさんと朝のご飯を提供しています。

不安なコミュニケーションも単語をツナゲレバなんとかなると思いましたが、
やはりこれだけでは難しかったです。
今では、身ぶり手振りと・・愛嬌、・・あいづち、最後はハッタリの会話で乗り気っています。
今ではソールンさんは理解できれば覚えが早くて、日本の学生さんとほとんど変わりません。

早朝出勤もあり、山の中の寮は流石に、寒いのには慣れているソールンさんでも
「cold. cold.!」と身を震わせて出勤されています。
日本食の米はお気にいりのようでパンやコーンフレークなど美味しいと話しています。
この間は「赤魚のタレかけ」がすごく美味しかったようで、作り方などを教えたのですが、
片栗粉の使い方がしっかり伝わったかどうか・・・
スーパーで見つけられたか・・・
片栗粉はアイスランドにはない食材だったみたいです。

b0151335_9282832.jpgb0151335_9284090.jpg
ソールンさんには帰国するまでの間にいろんなことを吸収して帰ってもらいたいですし、
私もソールンさんから英語や異国の文化などを学びたいです。
このように外国の方と同じ職場で働ける経験を日々、大切にしお互いに頑張っていきたいです。

ちなみにこんな翻訳でやってます・・・

<手の洗い方>
石けんを手につける。
指の間や指先、腕を念入りに洗う(30秒程度を目安に)。
石けんを十分に洗い流す(20秒程度を目安に)。
清潔なタオル又はペーパータオルなどでよく拭き取る。

How to wash a hand
Soap is attached to a hand. between fingers, a fingertip, and an arm are washed carefully (about 30 seconds -- a standard). soap is fully flushed (about 20 seconds -- a standard). It often wipes off with a clean paper towel .

<器具の洗い方>
洗剤をつけたスポンジでこすり洗う。
流水ですすぎ、乾かす
アルコールをスプレーする

It rubs and washes by the sponge which attached detergent.
It is running water, rinses and dries.
The spray of the alcohol is carried out.
by sunsyoku | 2009-01-27 17:55 | サンショクのこと
本部の冨田智です、
先日、京都市内では全国都道府県対抗女子駅伝が行われ、応援にいって来ました!
京都っ子としては、やはり京都チーム、そして西京極陸上競技場で「ふるさと屋台村」を出している京都鹿児島県人会(嫁の母)の鹿児島チームを。
青空がのぞき日が差すものの、風がとっても冷たい京都、「寒~い・・」と思いながらも、
彼女たちの走りに何とも言えない緊張感、感動を覚えました。
やはり、生で見る駅伝は興奮します。
b0151335_16314589.jpg
b0151335_16325844.jpg上の写真は2区1位、岡山の小原選手。
右は2区2位、山口の宮崎選手。

注目は、兵庫の北京五輪5000メートル代表、小林祐梨子選手、
背筋はビシッと目はキット前方を見開いています、素晴らしいランニングフォームで29人抜き、区間新記録、時限の違う走りは感動です。

そして、京都から20年連続出場、北京五輪3000m障害代表、早狩実紀選手、「チームに貢献できる走りができればいい、力を出し切りたい」、順位は落としましたが、全力を出し切ったことが素晴らしいです。

残念ながら小林選手と早狩選手、二人のオーラからか写真は撮れずに、にわかカメラマンは難しいです。

b0151335_16462277.jpg

国際会議場前の第5中継所、各自、思い思いにウオーミングアップ、

b0151335_16465687.jpg     b0151335_1647990.jpg

左5区1位岡山の浦田選手、右5区2位京都の夏原選手、折り返しのヘアピンカーブが難しそうで、大きく膨らむ選手がいます。

b0151335_17123553.jpg

8区トップ、京都の中学生、久馬萌選手。
凄かったです、短距離のような走りでペースが落ちずに3kmを9分41秒の区間新記録、
3分14秒/km(ちなみに私は6分30秒/km)
3区双子の姉、久馬悠選手も区間賞です。

総合順位ですが、ジュニアの頑張りで京都が5連覇、2位岡山、3位兵庫、鹿児島は34位でした。

どの選手も限界近くまで力を振り絞って走っています。
余力を残している様な選手は一人もいません、
さすがに代表に選ばれるだけの事はあると思いました。
選手達には、改めてその健闘に拍手を贈りたいと思います。

京都で開催の女子の大会、何とか盛り上げて継続させたいものです。
(京都シティーハーフのように中止にならないように)
by sunsyoku | 2009-01-11 12:30 | スポーツ