食べる事、スポーツの事、京都の事、感じた事…なんでも書いちゃいます !!


by sunsyoku

<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

村岡ダブルフル44km

社長の冨田です
日本屈指の山岳ウルトラ、きつさでは西の横綱と称される「村岡ダブルフル44kmの部」に初挑戦。(100km&88kmがメインです)
兵庫県の山奥、村岡は周囲を、鉢伏山(ハチ北高原)や蘇武岳など、1000m級の山々に囲まれています。村岡ダブルフルはこの山々を次々と駆け巡っていく山岳マラソンです。
標高差は500mから900mにもなり、高く長い上りを上りきり、下ったかと思うとまた上りが待っています。
楽しむどころか体力的にも精神的にもとてもきついコースですが、
エイドの食べ物の豊富さでは日本一、食べ物競走?食べきれないほどのいろいろな食材が用意されて楽しみです。 b0151335_12451510.jpgb0151335_1245113.jpg いざ!熊よけ鈴をつけて、出発。
b0151335_123023.jpg

スタートから軽く走ったあと、いよいよ山登り(和佐父峠)に差し掛かります。
山頂までの6km、いきなりものすごい上り坂が続きます。踏ん張って走るのですが(歩いている人とスピードは変りません)
山頂からは一気に駆け下ります。下りの急坂は走り方がとても難しく・・スピードを出すと太ももや爪先が悲鳴をあげます。ジェットコースターのようで転がり落ちそうで恐ろしい。でも他の人は軽やかで早いんです、多くの人に抜かされました。

b0151335_1304497.jpgb0151335_12552640.jpgb0151335_12554045.jpg
下り終えると但馬大仏(すごく立派な大仏様)の境内に入り。
三大仏のうしろを1周、完走を祈ります。
境内には私設のおはぎエイド!2個も入っていて食べられるか心配だったけど、残すのはいけないと思い完食、たいそうおいしうございました。

b0151335_1362184.jpg
2つ目の山越えに突入です。完全に上りは歩きで、少し平坦になれば走りの繰り返しです。
やっとの頂上のエードで一服して、また一気に下りに。今度は、比較的集落の多いところでそこに住んでいる方々が道に出て応援してくれました。ゼッケンには、番号以外に名前と出身地が書かれていて・・・「京都の冨田さんだってよ~、よう~来んしゃった、がんばって~」というあまり黄色いとはいえない声援が飛んできます。
「ありがとうございます」、と丁寧に会釈をします。

b0151335_13183448.jpgb0151335_13185655.jpg
いよいよ最後の山越え(一二峠)が待ち構えています。登り口のエードで冷たいお絞りのサービスと十分な休憩&給水&腹ごしらえをして登り始め、必死に歩き始め。
上りの途中にランナー一人一人へのメッセージ入りプラカードが立ててあります。
私のもありました、
すごく勇気付けられるけど、とても満喫できない!。
残り5kmは下りです、先が見えると元気一番、今日のベストがでました。
応援の子供たちとハイタッチを交わしながらゴールテープに飛び込みました!
やったぁ~~!!タイムは6時間51分完走できたことに大満足でした。

b0151335_13211667.jpg
ゴールすると、タオルと冷却用の氷をいただきました。足を冷やしながら座って、
豚汁と五目御飯のおにぎりを、おぜんざいも、
そしてメインの但馬牛の焼肉を
やわらかくておいしかった。(ランナーは無料)
食後はコーヒーまでいただいて、お腹いっぱい!


あとから知った、すごいこと!
近藤麻友美さんという同志社大学4回生の女の子。
生まれつき脳性小児麻痺、
・・でも!元気に何時も笑っていて、何にでも挑戦しようというパワーの持ち主だそうです。
・・で!彼女を乗せる『まゆリアカー』が誕生、代わる代わるみんなで引いて8時間55分で完走したのです!
スタート地点で発見したときは、無謀と思ってしまいましたが、
やる気と勇気がすごいです。
by sunsyoku | 2008-09-28 22:30 | マラソン
b0151335_16255787.jpg大丸アップルの青山です
9月7日(日)鎌倉で開催された「第55回日本栄養改善学会」、
チームサンショクから「事業所給食における財務管理に必要なマーケティングの視点」について発表させていただきました。 

今年の会場は鎌倉女子大学。小部屋に区切られ所狭しとプリントが貼り出され、少し人が集まると黒山の人だかりになります、チームサンショクの発表の時にもたくさんの人々に集まっていただき、緊張感のなか無事に発表を進めることができました。
管理栄養士養成校のカリキュラムに給食経営管理が加わったのは数年前からです
これからの管理栄養士は経営に関することも理解することが必要という意味でもマーケティングに関する発表内容が注目されていたようです。     詳細はサン食品HP
今回私にとって、いろんな職場で活躍されている管理栄養士さん、これから管理栄養士として社会へ羽ばたく学生の皆さんの、熱心で前向きな考えと接することができ、刺激をもらえてよかったです。
b0151335_1629027.jpg
次の日は横浜で行われた「第15回国際栄養士会議」へ
脳科学総合研究センター特別顧問、伊藤正男先生の基調講演。
脳研究の第一人者伊藤先生から、「食べることについて脳はどのように判断するのか」食べる事の生物学的、社会的、文化的価値判断について、興味深くお話を伺いました。

美味いもん編
テックス・メックス料理、「チャックワゴン」
テキサス州独自のメキシコ風のアメリカ料理で、店内にはスターウォーズのミニチュア、サボテンのおもちゃ、ダーツなど遊び心いっぱいのものが飾られていました。
ランチコース、タコスとパスタのセットをいただきました。
タコスはビーフとチキンの2種類で、ソースも辛いものと少しからいものを選べます、
大きなお皿に色々なものがのっているのは楽しいです、大丸アップルのMIXプレートにも使えそうです。
b0151335_16512722.jpgb0151335_16513967.jpg

自然式食堂 餉餉(ケケ)」
有機栽培、低農薬の野菜で、料理に化学調味料や添加物を極力排除し、素材そのものの味を活かした料理を心がけられています、白いとうもろこし、キララミニというトマトなど、珍しい食材も目を引きました。
味付けは大変薄味で、確かに食材の味が楽しめます、ブッフェスタイルなので沢山頂きましたが、後味もすっきりです。
ここは駒沢公園の近くで、自由が丘などの住宅街も近くにあり、その日も家族連れ、カップル、ワンちゃん連れ(テラス席はペットOK)で賑わっていました。
b0151335_16431396.jpgb0151335_16432799.jpgb0151335_16433825.jpg


有名高級店 萬珍樓(マンチンロウ)」で飲茶
広東料理をもとに約60種以上の点心から数種とアラカルトを2皿(ブロッコリーのアワビソース、スペアリブの豆鼓(トウチ)蒸し)少し変わったものを注文、どれも盛り付けが綺麗で、お味もしっかり大変美味しくいただきました。
中華街ビール?で乾杯。
b0151335_16564943.jpgb0151335_1657156.jpgb0151335_16571079.jpg


中国粥専門店 謝甜記(しゃてんき)
お店の雰囲気は、ごく普通の食堂といった感じで、沢山のお客さんで賑わっていました観光客と地元の人と半々といったところでしょうか?
具の種類が多く迷いましたが、私は貝柱をいただきました。
他には、モツ、玉子、魚、レバ、牛肉、豚肉、鶏、海老、三鮮、などがあります。
b0151335_16581492.jpgb0151335_16582549.jpg
by sunsyoku | 2008-09-10 10:00 | カルチャー
本部の桑原彩です
裏千家青年部の国際交流行事でサイパン島へ戦没者慰霊の旅へ。
サイパンには支部がないので
全ての道具を持ち込み。剣山、菓子切は凶器らしく空港で警戒される。

サイパン島、米国の自治領で、日本では彩帆島と呼ばれています、名前の一字が同じで身近に感じられる島です。
法要及び奉茶が行われたのは島の北の端「バンザイクリフ」中部太平洋戦没者慰霊碑。
追い詰められた民間人が、80m下の海に身を投じて自決した悲劇の断崖(岬)で、
多くの自決者が「天皇陛下、万歳」と叫び両腕を上げながら身を投じたことから、戦後この名で呼ばれるように。
自決者の数は1万人にのぼるとも言われている。
今は平和記念公園として崖周辺にある多数の供養塔とともに慰霊碑が建てられています。
b0151335_13385084.jpg

b0151335_1339867.jpgb0151335_13392381.jpg

法要の間中、あの世とこの世をつなぐという蝶がたくさん舞い
お焼香が進むにつれ雨が降り始めました。
「亡くなった方々が今ここに来ている、喜んでくれている」と
皆で話しながら祈りました。

b0151335_13415452.jpgb0151335_13422253.jpgb0151335_13424139.jpg

翌日はサイパン市民と交流茶会。
子どもから大人まですごく興味を持ってくれ
体験コーナーでは順番待ち。
薄茶も俵屋のかるかんも大好評(外国人にウケるのはカルカンというのが最近の定説らしい)
戦没者の慰霊と現在の若者たちとのふれあいに
「一碗から平和を」というお家元のスローガンを具現化できた旅でした。

b0151335_13484741.jpgb0151335_13491395.jpgb0151335_13493724.jpg

ただし食事はアメリカらしく、ハードロックカフェでハンバーガーや
Tボーンステーキ(油っぽいのが苦手なので、ビールで流し込み)
最後に食べたサイパンラーメンなるものは、味噌ベースに玉子麺
ホットチリペーストに青とうがらしの刻んだのがたくさん乗って
辛さの中に旨みもあって美味しかったです。(かなり日本向け)

追伸・炎天下のリゾート地での着物集団はかなり異様で
よく写真を撮られました。b0151335_1353436.jpg

b0151335_1354159.jpg 
by sunsyoku | 2008-09-08 10:00 | トラベル