食べる事、スポーツの事、京都の事、感じた事…なんでも書いちゃいます !!


by sunsyoku

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0151335_17273523.jpg

高槻CSC管理栄養士ミッキーが夏休みを頂いて
「ベトナムとアンコール遺跡の旅」と言っても食べてばかりですが、行ってきました。


ハノイ
関空から約5時間 最初に着いたのはベトナム北部に位置する首都ハノイ。
ベトナムは近年まで中国やフランスによる支配、アメリカとのベトナム戦争など、他国との混乱が続いていた。そのため、他国との関わりの中で食生活においても大きな影響を受けています、またベトナムは南北に長い国であり地方によって気候や食習慣が異なるため食材や味付けなどにも地域ごとの差があり、北部(ハノイ)は中国料理の影響で醤油を使った塩辛い味付けが多いようです。
町の歴史は古く、ホアンキエム湖の北には古い城下町やノスタルジックな街並みの旧市街が残っていて。湖・緑の多い歴史建造物の残る落ち着いたたたずまいが魅力の町です、近郊には陶磁器(バッチャン村)や織物などの伝統工芸の里が点在しています、約150km海よりには『世界遺産』“海の桂林”ハロン湾が有名です。

b0151335_155411.jpgハノイを代表する麺フォー
ベトナム人は、朝ごはんによく食べる。フォーはベトナムの代表的な麺、日本でいえばうどんに相当する、米粉から作られきしめんのように平たい。ほとんどコシがなく、箸でつまみ上げるだけで切れてしまいます。
ベトナムには、平たい麺のフォー、素麺に似たブン、中華麺のミンなど、多彩な麺があります。

b0151335_15171999.jpgブラザーズカフェ
ハノイの料理を中心に数10種類のベトナム料理とスイーツがビュッフェ・スタイルで食べられます。ハノイ名物のブンチャーや、フォーなど各種麺料理のミニ屋台が並ぶ中庭は、よい風も通って心地よい空間です。

b0151335_15213384.jpgb0151335_1521447.jpgb0151335_15215494.jpg
《写真左》豚足入りずいきのスープ・トマトの肉詰、
《写真中》やぎ肉のつけ麺、
《写真右》生春巻き、蒸し春巻きなどバイキング、b0151335_15265817.jpgb0151335_1527664.jpgb0151335_15272821.jpg
《写真左》雷魚のトマトソース、イカの野菜炒め、
《写真中》揚げ春巻き、
《写真右》緑豆餡入りの白玉、ライチ、ドラゴンフルーツなど各種フルーツ、
その他米粉を使ったものがたくさん、ベトナムの家庭料理がたっぷり。

続きはこちら
by sunsyoku | 2008-07-29 14:04 | トラベル
b0151335_92448.jpg
ホテル阪急インターナショナルで三洋電機北京オリンピック出場選手壮行会が行われ、出席してきました。
壮行会に出席なんて初めてで、ドキドキ~ワクワク♪と気持ちが高ぶっていました。
会場には出席者の他に報道関係の人がたくさんいて、オリンピックに出場することのすごさを改めて感じました。みんな本当に応援し、期待しているんだと。


b0151335_9265520.jpg
会場のスクリーンに、小椋久美子選手、潮田玲子選手、廣瀬栄理子選手の紹介とともに小さい頃から現在までの写真が映し出され、スクリーンが上がり3選手が登場するという演出でした。今回は3選手以外にコーチの中島さんも北京に行かれるので、計4名の壮行会となっています。

b0151335_928086.jpgb0151335_9281017.jpg
準備されていた料理もオリンピックをイメージしたものが多く、五輪の飾り付けが目立ちましたピザが五輪に作られていたり、パンでバドミントンのラケットが作られたりもしていましたよ。

b0151335_929527.jpg3選手の地元の人たちが寄せ書きなどを持って来られていたり、三洋電機のラグビーチーム(ワイルドナイツ)の選手も応援に駆けつけていました。
会場にはバドミントン関係者やファンからの応援メッセージが貼り出されていましたが、メッセージの多さと、ファンの人たちの選手に対する思いが、絵や写真、文字にとても上手く表されていたことに驚きました。
メッセージは心に響くものばかりで、選手はそこからもパワーをもらっているんだろうなと感じました。

b0151335_93539100.jpg
3選手とも会場では写真、握手などを求められ忙しくしていました。
選手の、応援してくれるみなさんに応えようという気持ちが伝わってきたのと同時に、
キラキラしている彼女達の目が印象に残りました。

オリンピックまで1ヶ月をきりました。
北京では悔いのない戦いをして欲しいと思います。
さわちゃんは、日本から微力ながら応援します!!
by sunsyoku | 2008-07-18 18:19 | スポーツ

祇園祭くじ改め


顧問管理栄養士、小椋真理です
梅雨が明け、35度を超える猛暑の中、祇園祭り山鉾巡行が行われました。

巡行の一番最初の行事、「くじ改め」が四条通り京都大丸の東側で行われます。
先に決まった、くじ順をお奉行(奉行役は門川大作京都市長が務める)に改めていただき、間違いなく巡行していると確認していただいたら、正使が自分たちの鉾を呼び、巡行を続けます。
b0151335_9523791.jpg

今年は息子(中学2年生)が綾傘鉾の正使を仰せつかり、大役を務めました。
b0151335_9543047.jpg b0151335_9544293.jpg
綾傘鉾では手を使わず扇を使い、くじ箱の紐を解き、蓋をあけて頭にくじ箱をかざし、お奉行にくじをあらためていただきます。ここはバッチリ決まりました。

b0151335_9571946.jpg
くじを改めていただいたあとも扇を使い勢いよく紐をくじ箱に回しつけます。
途中ハプニングがありましたが、勢いよく紐を回しつけることができました。
笑いとともに大きな拍手をいただきました。

b0151335_9573098.jpg
そして鉾をよぶ所作。
片手で扇を勢いよくひらき、大きく扇を動かして鉾をよぶ所作が決まると更に大きな拍手を頂きました。
b0151335_1065283.jpg 
b0151335_107518.jpg
本当に暑かった今日の山鉾巡行、いったいどのくらい水分をとったのか・・・・
本格的な夏の到来を感じた一日でした。
by sunsyoku | 2008-07-17 09:43 | 京都歳時記

徳之島へ

私(冨田智が)徳之島へ行ってきました、義理の母の実家に挨拶とお墓参りです。

b0151335_13123355.jpg

徳之島(とくのしま)は、南西諸島の奄美諸島に属する、鹿児島県内の離島の1つで、沖縄と奄美大島の中間です、アクセスは大阪より鹿児島経由で約2時間半、

b0151335_13364840.jpgb0151335_1336345.jpg
気候は亜熱帯性気候に属し、本土に比べれば年中を通して暖かい。
冬の日中の気温はおおむね13度くらい、一方で夏は猛暑(35℃以上)となる事は滅多になく、比較的風も通るので東京などの大都市よりもしのぎやすいとのこと。

b0151335_13431248.jpgb0151335_13432456.jpg

徳之島と言えば、何と言っても闘牛なのですが、この時期「闘牛」は見られなかったのですが牛にはさわることが出来ました。とにかくデカイ!という印象、このデカイ牛がぶつかり合う闘牛、恐るべしです。

b0151335_13445955.jpg
本郷かまとさんは徳之島の出身。
最晩年には2日寝て2日起きるという生活をしていた。
長寿にあやかろうと全国各地から大勢の人が彼女の元に訪れたという。
2002年には故郷伊仙町の名誉町民に選ばれた。(満116歳没)。



b0151335_1423512.jpgb0151335_1424847.jpg
犬田布岬 夕日の名所で徳之島沖合で撃沈された戦艦大和の慰霊碑がある。(実際の大和は長崎県男女群島女島南方176キロ、水深345mの地点に沈没している)

b0151335_13463631.jpgb0151335_13464793.jpgb0151335_1347375.jpg

長寿を採りに、
この地方で昔から長寿の野菜と親しまれてきたサクナ(ボタンボウフウ)(長命草)を採りに、1株食べると1日長生きするとして古くから煎じて飲んだり、食材、野菜として活用され。
独特の苦味と香りが肉や魚などの臭みを消したり毒消しの効果もあり、山羊汁や刺身のつま等にも利用されています。

b0151335_13494535.jpgb0151335_13495496.jpg


まぐろを釣りに、
港から片道1時間半の漁礁(ポイント)へ、乗って5分もしないうちに、はやくも船酔いでダウン、漁場では30分もいなかった、でもどうにか「めばちまぐろ」をゲット。

b0151335_13545895.jpgb0151335_13551577.jpg


b0151335_13553457.jpg島料理、
薩摩のお役人をもてなしたといわれている奄美名物「鶏飯」(けいはん)写真左、
特に美味しかったのは「そでイカ」写真右、色が違います。
豚ミソ、海ぶどう、パパイヤのサラダ、山羊刺し、そして黒糖焼酎、


強い太陽、風、海の匂、人の温かさ、焼酎、料理、のんびりと時間が過ぎていきます、
帰りたくなくなります、、、、、
ダイビングやトライアスロンも盛んなようです、皆さんもいかがですか。 
by sunsyoku | 2008-07-10 16:41 | トラベル

グローリー社員食堂見学

4月入社の新人管理栄養士、わたくし(麻)と社長以下5名で
姫路にあるグローリー株式会社、新食堂の見学をさせていただきました。
サン食品のプリペードカードシステムも、グローリー株式会社の機器なので日々お世話になっている会社です。
b0151335_16461672.jpg

b0151335_16462943.jpgb0151335_16464347.jpg

グローリー株式会社の創業は1918年という歴史のある会社です。
国産初の硬貨計算機を開発されて以来、硬貨処理機器のパイオニアとして独自の技術を発展させながら、私たちの生活に必須である製品を創り出されています。
たばこ自動販売機の国産第一号機もグローリー株式会社が開発されました。
今年は90周年を迎えられ記念事業として、4月に社員食堂を大規模にリニューアルされました。b0151335_16523583.jpgb0151335_16524760.jpg
まず、グローリー株式会社のご紹介と食堂改修に関してのコンセプトをお話頂き、
社員食堂のグローリー会館へ案内してもらいました。


b0151335_16542681.jpgb0151335_16543910.jpgb0151335_16545559.jpg

メインディシュはA~Cの4種類があり本日のメニューは、彩り野菜の炒め物、白身魚のピザ風、チキンフリッターレモンソース、ポークチャップでした。
180円から280円で美味しそうです。他に小鉢物、冷やし麺、お弁当、お寿司、デザートなどもり沢山あり選ぶのに悩みました。
またライスの大と小はグローリー社員の方には無料だそうです、社員の方にとって嬉しい福利厚生ですね。
b0151335_1657889.jpgb0151335_16572194.jpgb0151335_1657305.jpg
b0151335_16582929.jpgb0151335_16584965.jpgb0151335_1659135.jpg
b0151335_170160.jpgb0151335_1701475.jpgb0151335_170296.jpg

今回の改修で導線の見直し、衛生面、利用者へのもてなし面を充実され、そのほか内装は地元の姫路城を意識された茶色と白色をベースに、明るくくつろげる食堂でした。

b0151335_1713927.jpgb0151335_1715342.jpg
特に注目したのは、食べ終わった後、食器をトレーごと「オートレジ」に載せると食器のICタグを読み取り値段、カロリー、塩分が画面に表示されるシステムです。精算は社員証にチャージした電子マネーで精算されます。今回はゲスト用のカードをお借りしました。


b0151335_1767100.jpg

私が頂いた昼食はチキンのフリッターレモンソース、小松菜と竹輪の中華旨煮、ご飯、味噌汁、杏仁豆腐で1250kcal、塩分3.5gでした。成人女子の一日の推定エネルギー必要量の半分以上を昼食で摂っていました。カロリーオーバーです。反省です。


「オートレジ」があれば喫食歴が残り、今話題のメタボ対策にも役立つ健康管理ができます。今秋には「オートレジ」に6大栄養素表示、食事バランスガイド機能も加える予定だそうです。栄養素情報のプリントアウトも可能で、栄養バランスを誰もが簡単に知ることができます。

食堂で昼食を頂いた後は、ショールームの見学をさせてもらいました。
硬貨選別技術、紙幣分離技術、自動結束技術、表裏反転技術、顔認証技術、セキュリティ技術など私たちが生活している中で、様々な所にグローリー株式会社の高度な技術が存在していることが分かりました。貴重なお話本当にありがとうございました。
b0151335_1771096.jpg

by sunsyoku | 2008-07-05 17:38 | あちこち見学