食べる事、スポーツの事、京都の事、感じた事…なんでも書いちゃいます !!


by sunsyoku

カテゴリ:マラソン( 9 )

京都マラソン

松坂屋高槻店 担当 冨田侑吾、初フルに挑戦

京都マラソン2017
出走させて頂き無事完走してまいりました!
天気も最高でマラソン日和。
ネット記録5:06:02

b0151335_18104126.jpg

人生初めてのフルマラソン挑戦

スタート前は、気持ち悪くなるくらい緊張しましたが、

スタートしてしまえば気持ちが高揚してとにかく楽しくて、沿道からの応援がまた嬉しくて、笑顔で、余裕でハイタッチ!

少し疲れてきた15km過ぎ、今宮神社門前茶店エイド(社長の私設エイド)で名物あぶり餅をいただく、なんと美味なり

b0151335_16232896.jpg

海外からの参加者も多く、国際色あふれる大会なのも京都らしいです。

見どころも嵐山、仁和寺、今宮神社、京都御所やゴールの平安神宮を楽しむことができました

京都市内を中心に世界遺産や観光コースを走る素晴らしいマラソン大会です


by sunsyoku | 2017-02-19 09:00 | マラソン

亀岡ハーフマラソン

こんにちは!賀茂川寮担当管理栄養士、豊田結理菜です。

第2回京都亀岡ハーフマラソン大会に参加してきました。
亀岡運動公園競技場をスタート・フィニッシュとするコースです
亀岡は京の奥座敷、湯の花温泉があり、明智光秀が城主の城下町、

b0151335_1523096.jpgb0151335_14103145.jpg

そしてトロッコ列車、保津川下りで有名
b0151335_155042.jpg

美しい、懐かしき日本の原風景100選に出てきそうな静かな町です

サン食品からは、私、専務と福田さん(賀茂川寮)、古久保さん、正木さん(神山寮)です。
福田さんはマラソン初参加で少し緊張気味

そんな丹波の山の中のコース、スタートしてから3キロが平坦で、そこから6キロまで上り坂、折り返してゴールが近づくと下り坂です
緩やかな下り坂でめげそうなときに否応なしに走らされた感があります

b0151335_14113279.jpg

結果は、全員2時間切り、すごい初参加の福田さんまで1時間58分
日頃のスポーツ栄養の成果ですね

b0151335_14115794.jpg

大塚製薬さんが特別協賛に
必須アミノ酸BCAAアミノバリュ- 今回もお世話になりました
専務はアミノバリューを飲むとゴールしてから、足がつらないと推奨しています
by sunsyoku | 2016-12-11 09:00 | マラソン
本部の専務冨田智です
先日、京都山岳連盟主催の「ぐるっと京都トレイル北山・西山大会」に参加しました。
全長29km叡電二ノ瀬駅→夜泣峠→盗人谷→京見峠→沢ノ池→高雄→清滝→嵐山→松尾山→苔寺
お天気も最高で、初秋の京都を満喫しました。
b0151335_1338398.jpg


b0151335_13391368.jpg


ほとんどの方は歩きですが、私たちは少しランをしながら、
コースとしてはアップダウンあり、林道歩きあり、名所・旧跡巡りあり絶景ありと京都の魅力を余すことなく十分楽しめます
b0151335_13402945.jpg


b0151335_13411219.jpg


b0151335_13414354.jpg


スタッフのおもてなし運営もすばらしく
これからもぐるっと京都楽しみに参加したいと思います。
by sunsyoku | 2014-09-21 07:09 | マラソン

京都鴨川駅伝大会

こんにちは!神山寮担当管理栄養士、石橋彩です。
先日、第28回京都鴨川駅伝大会に参加してきました。

この大会には、昨年もエントリーしていました
しかし、警報で中止になった大会、
一年待ちに待った大会です。
北山大橋から葵橋間の鴨川河川敷
4.8km×4名で競います
サン食品からは、私、社長と長澤さん(大丸高槻CSC)、後藤彩日さん(賀茂川寮)です。
b0151335_19433685.jpg

今回の大会には、39チームが参加(今年は少なく強豪ぞろい)
大阪や各地の市民ランナーの方々が駆けつけました。
b0151335_1943014.jpg

大会当日は快晴で、日曜日ということもあり、
鴨川はランナー以外の方々もたくさんおられ、とても賑っていました。
そして、大会側からゼッケンが配布されたのですが、サン食品はなんと1番!
とても驚きました。(ゼッケン番号はエントリー順だそうです。)

私は第1区を任されたのですが、スタート地点に並び、周りを見わたすとほぼ男性陣でした。緊張と不安を抱えたまま、スタートの合図を待ちました。

スタートの合図が行われ、10分後、日頃の練習量の差が明らかとなりました。
私は、あっという間に39番目。
b0151335_1625925.jpg


そのままの順位で2区の彩日さんにタスキを渡すことになってしまい、
3区の社長から4区の長澤さんにタスキが渡るまでにゴールするチームが出てきました。

b0151335_19461097.jpg

そして、サン食品チームは順位を変えることのないまま、長澤さんのゴールは最終ランナーということで、皆さんに温かく拍手で迎えられました。

ゼッケンナンバー1番が、39チーム中39位という結果となり、
ただただ、日頃の練習の大切さを実感させられました。

しかし、どのチームも関係なく応援し合う姿が印象的で、幅広い年代の方が楽しんでおられ、
素敵な大会だなと感じました。

ものすごくしんどかったけど
タスキを繋ぐ駅伝、やっぱり楽しいです、
ちゃんと練習して、またみんなで出たいです!!!
b0151335_19471546.jpg

by sunsyoku | 2012-05-27 10:00 | マラソン

いまより、前へ

大丸高槻CSC担当・管理栄養士長澤美喜子です。
3月11日(日)、名古屋ウィメンズマラソン2012に参加してきました。

b0151335_16224837.jpg

第1回開催のこの日、
「女性だけのフルマラソン大会の参加者数世界一」としてギネスに認定されました! 
  なんとその数1万3114人!!
同じ日に京都マラソンもあったのに、ランナー人口の多さにびっくりしますね。


完走するとティファニーのペンダントがもらえ、ゴールには『おもてなしタキシード隊』というイケメンさん達が待っていてくれるという女性だけの大会ならではの企画になっていました。
その上、ロンドンオリンピック代表の最終選考レースでもあり、国内のトップ選手(野口さん・尾崎さん・赤羽さん・渋井さん)と同時に走ることができ、感動でした。

b0151335_16244677.jpg

 こんなすてきな大会、しかもマラソン日和だったので楽しく走りたかったのに、
   10km過ぎたあたりから足が痛くてボロボロでした。
     今回はサン食品のマスコット(?)
   サンショ君と共に走ったのですが、
         ・・・これがよくなかったかなぁ。。。

 東日本大震災から1年となる14:46に黙祷をすることになっていました。
  できれば名古屋ドームに戻っていたかったですが、
  コースの途中立ち止まって1分間黙祷をしました。
  被災地の人たちは先の見えない苦しみと今も闘っておられることを思うと、
   弱音を吐いていられないと自分に言い聞かせて頑張りました。

b0151335_16281863.jpg

ゴールの名古屋ドームが見えてきて最後の1kmは、
    沿道の方々の温かい声援に涙があふれてきました。
   今回本当につらかったので、本当に有難かったです。
           たくさんの方のハイタッチでいっぱいパワーをもらいました!
b0151335_16322935.jpg

    ティファニーには、『GO WEMEN』の文字が刻まれています。
落ち込んだ時のお守りとして大事にします!!
by sunsyoku | 2012-03-11 09:00 | マラソン
b0151335_13292793.jpg
社長の冨田です、
とくしまマラソンに行ってきました。

参加者募集開始から2日で早々と締め切られたほど、
人気があることが納得できる大会でした。
コースのほとんどが三大暴れ川のひとつ「四国三郎」と渾名される吉野川の沿いの
平坦な道路がメインでのどかな風景が続きます、
コースにはお年寄りから幼稚園児まで
町内総出での応援で賑わい、(阿波踊り・バンド・太鼓・法螺貝など)
綿密な救護態勢、的確な場所でのエイド、サポート、ボランティアなどが素晴らしく、
皆で大会を盛り上げようという気持ちとランナーに対する温かさが伝わってくる
本当に素晴らしい大会でした。
b0151335_13413684.jpgb0151335_13421371.jpgb0151335_1342497.jpgb0151335_13462928.jpg


とくしまマラソンはマラソン大会だけにあらず。
マラソン大会と同時に3日間にわたって続く「はなはるフェスタ」では、
有名連の阿波踊りを無料で見ることができ、
ひょうたん島ボードウォーク(クルーズ)もおこなわれ、
付近の町並みのあちこちでLEDで幻想的な景色を作り出し、
新町川沿いには徳島ラーメンの屋台が軒を並べていました。
徳島ブルーのポスターや川沿いのオブジェや町中にあふれるアートの発表を見ると、
大塚製薬、日亜化学などの企業のサポートだけでなくこの町は本当に懐が深いのだなと感心しました。
街ぐるみで、おもてなしの気持ちのある徳島って感じです。

b0151335_1352279.jpgb0151335_13521379.jpgb0151335_13522328.jpg


これって阿波の気質ですかね?
その土地土地に文化・慣習・伝統が存在すると、そこに培われた気質(かたぎ)が継続されているのだと感じずにはいられませんでした。
それは阿波踊りの連からの作用なのか、それとも、土地の方々からの気質から阿波踊りの連が生まれたのか、とにかく感謝と感動の徳島でした。

2013年「京都マラソン」が予定されていますが、
京都でも市民の協力、気持ち、熱意が盛り上がって、成功させてほしいものです。

b0151335_13573285.jpgb0151335_13574778.jpg
もちろん阿波グルメも
堪能しました。
阿波尾鶏、徳島ラーメン、
半田そうめん、
by sunsyoku | 2010-04-25 18:00 | マラソン
社長ではなく、高槻CSCの長澤です。
気持ちのいいマラソン日和?!の1月24日(日)、高槻シティ国際ハーフマラソンに出場してきました。
b0151335_17121827.jpgb0151335_17122794.jpg
ハーフがメインですが今回は、10キロに挑戦です。
仮装で走る方やら、
人・人・人ですごいです、
マラソン人気ですねぇ。!

b0151335_1723678.jpgb0151335_1723146.jpgb0151335_17232222.jpg

10キロを走る人だけでも、1800人!!
『40分以内で走る人』『1時間以内で走る人』『1時間10分以内で走る人』『完走をめざす人』というプラカードを持ったボランティアさんがおられて、早い人から順番に並ぶようになっていました。私は、目標1時間15分だったので、少し頑張って『1時間10分以内』に並ぶことに。
スタートの瞬間。遠くでピストルの鳴る音が聞こえました。
遥か向こうに見えるアーチがスタート地点です・・・。


総合スポーツセンターを出発して、淀川河川敷沿いを走り戻ってくるコースです。
<コースマップ>
天気がいいので河川敷のゴルフコースがきれいだったことは覚えていますが、
あまり周りを見ている余裕はなかったです。

沿道には、少年野球チームの子供たち(3キロ走ったあとかな?)や市民の皆さんがたくさんおられ、大きな声で声援を送ってくださっていました。
すると、不思議と力が沸いてきてスピードアップできました。
ありがとうございました。
そんなこんなで無事ゴール!
タイムは、56分33秒。目標よりも早く走ることができました!声援のおかげですね。
疲れたけれど清々しい気持ちになれました。
今度は55分以内に・・・と欲が。こうしてランナー人口が増えていくのかもしれませんね。

ほんとにたくさんのボランティアさんがいてくださったおかげで、楽しく参加することができました。心残りは、走り終わった後のお楽しみ♪と思っていた豚汁を食べ忘れたことでしょうか(笑)
全員で6300名が完走されたそうです。皆様お疲れ様でした!!
by sunsyoku | 2010-01-24 10:00 | マラソン
社長の冨田です、
京都東山三十六峰マウンテンマラソン、無事完走出来ました。

その名の通り、京都東山を縦走するマラソン大会です。
☆コースは
宝ヶ池スタート→ 赤山禅院→ 瓜生山→ 銀閣寺→ 火床→ 大文字山頂→ 日向大神社→ 蹴上→ 将軍塚→ 清水山→ 泉涌寺→ 伏見稲荷大社ゴール
山越え谷越えの30km、大小6つの山越えを繰り返し、5時間の関門時間で走ります。

b0151335_16581872.jpgb0151335_16583289.jpg
b0151335_16584671.jpg



ハイキングコース「京都一周トレイル東山コース」を利用します。
大勢のハイカーたちから「がんばって~」と声援が飛んでくる。
「ありがとー」「すんませーん」と応えながらトレイルコースを登って下って、登って下ります。

b0151335_1743621.jpgb0151335_1745517.jpgb0151335_1791253.jpg


残り10km将軍塚からの下り、
石ころにつまずき、踏ん張った拍子に右太もも前面が攣り、!
痛タタタッ!強烈なイタミです、 次に左太もも前面にも、!
しばらく休み、ゆっくり坂を下ります。
準備したアミノバリュー(パウダー)を飲んだら少し楽に?、
ちょっと楽しむ余裕も出てきたりして・・・

泉涌寺すぎれば残り5km、最後のお山、稲荷山、
何人かのランナーを追い抜いてのゴール、
終わってみれば、楽しくて癖になりそうな三十六峰でした。
b0151335_17135455.jpgb0151335_17141175.jpgb0151335_17142434.jpg


ゴールの伏見稲荷、
祢ざめ家」さんで名物いなり寿司とうずらの丸焼きで一息入れました。

東山の名所旧跡を欲張りに押さえたコースで、
見どころは多かったのですが、
足元に払う注意と先を急ぐ気持ちで、どこをどう走ったのか分からないというのが現状です、
近いうちに、通過したお寺などをゆっくり訪れたいものです。
by sunsyoku | 2008-12-14 16:00 | マラソン

村岡ダブルフル44km

社長の冨田です
日本屈指の山岳ウルトラ、きつさでは西の横綱と称される「村岡ダブルフル44kmの部」に初挑戦。(100km&88kmがメインです)
兵庫県の山奥、村岡は周囲を、鉢伏山(ハチ北高原)や蘇武岳など、1000m級の山々に囲まれています。村岡ダブルフルはこの山々を次々と駆け巡っていく山岳マラソンです。
標高差は500mから900mにもなり、高く長い上りを上りきり、下ったかと思うとまた上りが待っています。
楽しむどころか体力的にも精神的にもとてもきついコースですが、
エイドの食べ物の豊富さでは日本一、食べ物競走?食べきれないほどのいろいろな食材が用意されて楽しみです。 b0151335_12451510.jpgb0151335_1245113.jpg いざ!熊よけ鈴をつけて、出発。
b0151335_123023.jpg

スタートから軽く走ったあと、いよいよ山登り(和佐父峠)に差し掛かります。
山頂までの6km、いきなりものすごい上り坂が続きます。踏ん張って走るのですが(歩いている人とスピードは変りません)
山頂からは一気に駆け下ります。下りの急坂は走り方がとても難しく・・スピードを出すと太ももや爪先が悲鳴をあげます。ジェットコースターのようで転がり落ちそうで恐ろしい。でも他の人は軽やかで早いんです、多くの人に抜かされました。

b0151335_1304497.jpgb0151335_12552640.jpgb0151335_12554045.jpg
下り終えると但馬大仏(すごく立派な大仏様)の境内に入り。
三大仏のうしろを1周、完走を祈ります。
境内には私設のおはぎエイド!2個も入っていて食べられるか心配だったけど、残すのはいけないと思い完食、たいそうおいしうございました。

b0151335_1362184.jpg
2つ目の山越えに突入です。完全に上りは歩きで、少し平坦になれば走りの繰り返しです。
やっとの頂上のエードで一服して、また一気に下りに。今度は、比較的集落の多いところでそこに住んでいる方々が道に出て応援してくれました。ゼッケンには、番号以外に名前と出身地が書かれていて・・・「京都の冨田さんだってよ~、よう~来んしゃった、がんばって~」というあまり黄色いとはいえない声援が飛んできます。
「ありがとうございます」、と丁寧に会釈をします。

b0151335_13183448.jpgb0151335_13185655.jpg
いよいよ最後の山越え(一二峠)が待ち構えています。登り口のエードで冷たいお絞りのサービスと十分な休憩&給水&腹ごしらえをして登り始め、必死に歩き始め。
上りの途中にランナー一人一人へのメッセージ入りプラカードが立ててあります。
私のもありました、
すごく勇気付けられるけど、とても満喫できない!。
残り5kmは下りです、先が見えると元気一番、今日のベストがでました。
応援の子供たちとハイタッチを交わしながらゴールテープに飛び込みました!
やったぁ~~!!タイムは6時間51分完走できたことに大満足でした。

b0151335_13211667.jpg
ゴールすると、タオルと冷却用の氷をいただきました。足を冷やしながら座って、
豚汁と五目御飯のおにぎりを、おぜんざいも、
そしてメインの但馬牛の焼肉を
やわらかくておいしかった。(ランナーは無料)
食後はコーヒーまでいただいて、お腹いっぱい!


あとから知った、すごいこと!
近藤麻友美さんという同志社大学4回生の女の子。
生まれつき脳性小児麻痺、
・・でも!元気に何時も笑っていて、何にでも挑戦しようというパワーの持ち主だそうです。
・・で!彼女を乗せる『まゆリアカー』が誕生、代わる代わるみんなで引いて8時間55分で完走したのです!
スタート地点で発見したときは、無謀と思ってしまいましたが、
やる気と勇気がすごいです。
by sunsyoku | 2008-09-28 22:30 | マラソン