食べる事、スポーツの事、京都の事、感じた事…なんでも書いちゃいます !!


by sunsyoku

今年も栄養実習生が来られました

大丸アップルの管理栄養士青山です。
同志社女子大学栄養士専攻の学生さん3名が、今年も実習に来られました。
1日目は、講義(マーケティングと事業所給食)
2日目からは、厨房やホールでの立ちっぱなしの多い実習です。
b0151335_15482175.jpgb0151335_15485477.jpgb0151335_1549444.jpg

アップルは2,000名を超えるお客様がこられますが、
実習生にとっては、大量調理の現場にビックリしたようです。
厨房では、塩など調味料で下味をつける際の要領、天ぷらを均一に揚げる工夫、
手早く美味しそうに綺麗に盛付ける手法などなど、とにかく一生懸命の様子でした。

ホールでは、流れるように来られるお客様の多さに圧倒された様子でしたが、
お客様のトレーを見ながら、どんなものが好まれ売れているのか、目をキョロキョロ、
さすが栄養士のタマゴちゃんです。
若い女性のお客様などが、比較的幅広くお皿をとっていかれることや、
小鉢など野菜もの・果物が多く売れるのにも驚きだったようです。


b0151335_15533211.jpgb0151335_15541290.jpg


最終日には、いよいよ自分たちで考案した献立を、
調理から販売まで担当していただきました。
実習の成果が問われるイベントです。
お客様への熱心な呼びかけなどで、特にオジサマに好評、
結果は上々でよく売れました。


b0151335_15554079.jpgb0151335_1555524.jpg

授業では体験できない仕事の面白さを見つけていただけたら、
と思いました。
栄養士の活躍の場は病院や福祉施設が主となっていますが、
「食生活」が疎かになりやすい健康な成人や学生さんへ、
栄養士というキャリアを通じて「快適な食生活」を提供するのも
やりがいのある仕事です。
可能性を秘めた「タマゴちゃん」にご声援を!!
by sunsyoku | 2009-03-02 10:30 | カルチャー